【ベアドッグ繁殖プロジェクト】繁殖小屋の今

みなさま

以前に繁殖小屋の建築をスタートしたことを報告させて頂きましたが、今回はその進捗をお知らせいたします。

10月からスタートした繁殖小屋の建築。
コツコツと進めてきました。

「多くの方の思いを背負い、このプロジェクトに思いを込めて望みたい」ということで、
小屋の建設を大工さんと一緒にやってきました。

最近では日々の最低気温は氷点下、いつドカッと雪が降るかわからない状況なので、
毎日朝から晩まで、一日でも早い完成を目指して大工さんとがんばっています。

加工(2)
今回は建築廃材を再利用してつくっているので、木材を磨くところからやっています。

はざ棒運搬
竪穴式住居の屋根材は農家さんから稲を干すためのはざ棒を頂いてきました。

加工
大工さんが墨付けした木材を、私の方で加工して、

組み立て
そして、一緒に少しずつ組み立ててきました。

土間
小犬たちのために、土間もつくりました。

もみがらくん炭
建物が地中にあるため、木材の防腐防虫対策も考え、「もみ殻くん炭」を1日がかりでつくり、

もみ殻くん炭(2)
断熱防虫防腐剤として、土と建物の内壁の間に入れました。

そして、着工から約2ヶ月。
苦労してようやく形になってきました。これが昨晩の繁殖小屋の全景です!

現状の小屋

完成までまだ10日ほどはかかると思います。

小屋を立てる手もかじかむ毎日ですが、このプロジェクトを応援してくださっている皆様のために、そして、このプロジェクトを成功させるためにも、生まれてくる小犬たちが小屋で走り回る姿に思いを馳せながら引き続きがんばります。

ベアドッグハンドラー田中 & タマ

===============================================
「ベアドッグ繁殖プロジェクト」は、個人や企業・団体など、
多くの皆さまのご支援により行われます。

● 東京カス環境おうえん基金
● パタゴニア環境助成金プログラム

header_logo-gas.gif  patagonia-logo.png 
スポンサーサイト