【ベアドッグ繁殖プロジェクト】タマのお相手「リオ」

みなさん、こんにちは。

今日はタマのお相手をご紹介します。

タマのお婿さんになってくれるのは、「リオ(Rio)」です。現在4歳。アラスカ州のフェアバンクスで、ベアドッグ育成機関Wind River Bear Institute(WRBI)のスタッフである、ニルス・ペダーセンさんと暮らしています。

NilsSoleRio(Light).jpg
(左からリオ、 ニルスさん、ソリダッド(タマのお母さん)) 

WRBIでは、優秀なベアドッグの血統を長く産出していくために、時々、カレリア犬の原産地から新たな犬を迎え入れています。

2016年秋、WRBI代表のキャリー・ハントさんは、原産地のひとつであるラップランドに渡り、優秀な3頭を米国に連れて帰りました。そのうちの1頭がリオなのです。リオは日本と北米での、ベアドッグの未来を背負っている存在と言えます。

タマとリオ。この2頭から一体どんな子犬たちが生まれてくるのか、今から楽しみでなりません。2頭がしっかり交配し、タマが元気な子供を産み育てられるように、ハンドラーとして最大限の努力をしていきたいと思います。

ベアドッグハンドラー田中 & タマ

===============================================
「ベアドッグ繁殖プロジェクト」は、個人や企業・団体など、
多くの皆さまのご支援により行われます。

● 東京カス環境おうえん基金
● パタゴニア環境助成金プログラム

header_logo-gas.gif  patagonia-logo.png 
スポンサーサイト