FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【渡米リポート】キャリーとの別れ~さよならからの始まり~

先週末、キャリーさんはアメリカへと戻られました。
キャリーさんと若きベアドッグたちとの別れ。

Bye guys

しばらくキャリーさんはタマとナヌックを抱きしめ続けていました。
私たちも言葉につまる瞬間でした。

そして、私たちにバトンタッチされたのです。
さよならからの始まり。

キャリーさんを見送り、「さあ、ここからだよ」と心の中で言い聞かせました。

先週から2頭の活動や訓練はスタートしています。

まだまだクマ対策の現場の最前線ではバリバリ働くことができませんが、
人とクマとの親善大使としての役割は十分にこなせます。

まずは軽井沢に研修施設をお持ちの中央動物専門学校の野生動物保護管理を学ぶ実習に登場。

中央動物2

動物飼育や看護やドッグトレーニングのコースの皆さんですので、本当に興味深げに2頭と触れ合ってくれました。

環境省が主催する子どもパークレンジャーにも同行。
子供たちと自然や野生動物との共存について考えるひと時をもちました。

park ranger for kids

子供たちともすぐに仲良くなり、抱きつく子や「あ~家にいっしょに帰りたいよ」といっている子もいました。

そして、昨夜はタマとの初の「夜間パトロール」。

frist night patrol with tama

初代ベアドッグのブレットには到底かなう実力でないのですが、
暗闇の中で動物の気配がした時の集中力は圧巻でした。

frist night patrol with tama4

そして、その横顔と背中を見ながらの夜間パトロール。
ブレットとの日々を思い出しました。

そして、ただただ感無量。
ベアドッグとの活動が再び始まりました。

ピッキオ
ベアドッグハンドラー 田中

===============================================
「次世代ベアドッグ導入プロジェクト」は、個人や企業・団体など、
多くの皆さまのご支援により行われております。
patagonia-logo.png イオン環境財団ロゴ 永井農場ロゴ

また、平成27年度は「次世代ベアドッグ育成、普及プロジェクト」として、
育成・普及面を「日立環境財団」様の環境NPO助成、及びベアドッグ育成の
ご寄付により行われています。

日立環境財団ロゴ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。