FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬眠穴の謎

こんにちは。
昨年の夏にスタッフとして勤務しておりました岡田です。
先日はクマの冬眠穴調査に参加しました!

クマの冬眠穴の種類はさまざまで、大木の中にできる空洞、岩場、そして木の根っこなどがあります。
今回の冬眠穴はどんなものなのか?
勤務中、捕獲に立ち会い、追跡していたクマということもあり、強い関心を抱いて調査に臨みました。

手持ちのアンテナで電波を辿り、時折、雪に足を取られながらも、尾根を越え谷を越え・・・

筋トレ
(写真)雪上を歩くのは良い筋トレ!

着いた場所はゆるい谷間なのですが、なんとも不思議。
周りの木はちゃんと立っているのに、その谷間だけ、一本残らず何十本もの木々が倒れていたのです。

風倒木の谷
(写真)想像もできないような突風が吹き抜けたものと思われます

先ほども言いましたが、クマは木の根っこに出来た空間を冬眠穴にすることがあります。
とすると、この何十本もある倒木のどれかの根っこにいるのかも?

しかし、倒木は何本も重なり合っているため足場が悪く、さらに地形や冬眠穴の向きに電波が影響を受けているのか、受信の強弱が激しく、クマの位置をなかなか絞りこめません。
あっちでもないこっちでもない、とクマがいる可能性を消去法で潰している間に日没が近づき、タイムアウトとなってしまいました。

私が軽井沢をあとにした翌日も他のスタッフが再度挑戦し、より強い電波を受信する場所まで到達したものの、冬眠穴を見つけることはできなかったそうです。
一体、クマはあの不思議エリアのどこに隠れているのでしょうか?

謎は深まるばかりですが、だからこそ、絶対解明したいです!!
再挑戦する際には、是非また同行させていただきたく思います。

  岡田
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。