FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【渡米レポート】 タマとの暮らしがスタート!!

3月20日夕方に成田を発ち、シアトルで7時間の乗り継ぎ時間があり、かなり疲れましたが、やっとタマのもとに到着しました。

空港には、Wind River Bear Institute代表のキャリーさん、私の代わりにタマの訓練を進めてくださっていたジョーさん、以前に軽井沢に来てくれたキャシディーも一緒に来てくれました。

モンタナ・ミズーラ空港内にあるグレズリーベアの剥製の前で記念撮影。

at Missoula airport

WRBIの事務所に行き、もう一つ大切なことをしました。

日本の初代ベアドッグであるブレットの遺骨をWRBIでこれまで活躍してきたベアドッグの仲間たちの遺灰が奉納されてあるスペースにブレットの遺骨の一部を分骨奉納(真ん中の茶色い土器)させていただきました。今、ブレットのものはお父さんとお母さんのもとに置かれています。

Bullet come home

私の心の中でも一つの大きな区切りがついたような気がします。

これまでのこと、そして、これからのことをたくさんキャリーさんと話をしました。
タマもその周りではしゃぎながら、興奮して、先ほど眠ってしまいました。

Tama sleeping

やっとこの日がやってきました。

さあ、いよいよ二人の新生活がスタートです。

帰国まであと10日ほどありますが、少しずつ渡米報告していきます。

ベアドッグハンドラー 田中

===============================================
「次世代ベアドッグ導入プロジェクト」は、個人や企業・団体など、
多くの皆さまのご支援により行われております。
patagonia-logo.png イオン環境財団ロゴ 永井農場ロゴ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。