FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生動物とのお付き合い

こんにちは!
クマチームのインターンの山崎です。
3週間!!はじめは長いなと思っていたけれど、実際に来てみると毎日がとても充実していて、終わってみるとすごくあっという間でした。3週間、ここでしかできないような様々な体験をさせてもらいました。その中でも、私は夜中・早朝の作業について少し書きます。

毎晩、町をまわりながら、クマが今どこにいるのかを調べます。軽井沢は有名な別荘地であり、森の中にも別荘がたくさんあり、クマが住むところと、人が住むところの境目があやふやです。なので、クマが別荘の多いところや町の近くにいないかチェックするのです。

コンパスを使って、地図上に記す↓
1_20140908112221489.jpg

チェックして、もし、もしかしたら人と出会ってしまうかもしれないような場所に居たら、追払いという、クマがいるところの近くに行き、声や花火などの音を使って森の中に行ってもらいます。私はこれをはじめてしたときにクマと人との距離が思っていた以上に近いということにとても驚きました。けれど、それと同時にクマがいかに人を避けながら生活しているのかということも強く感じました。場所を追跡してまでクマを追ってもクマの姿はなかなか見られません。なので、人が「ここにいるよ!」と鈴などで音を立てたりしていれば、遭遇する可能性が低いことを知り、クマに対するイメージがすごく変わったなと感じました。

追払いで見つけたクマのほじくった木↓
2_2014090811242641d.jpg

最後にこれは別荘地で出会ったキツネ。すごく可愛いですが、このキツネは人に餌付けされてしまったようです。このように人が動物を引き付けてしまうこともあると知りました。
3_2014090811254656d.jpg

この貴重な経験をこれからに生かしていきたいです。

日本大学  山崎 水葉
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。