FC2ブログ

ベアドッグ、産まれました!

本日7:41~12:22(現地時間3月25日15:41~20:22)の間に、アメリカ・モンタナ州にあるWind River Bear Institute(以下、WRBI)にて、7頭のカレリアン・ベアドッグの子犬が誕生しました。

soledad puppies(s)
(提供)Wind River Bear Institute

母親の名前はSoledad。彼女は今回が初出産でした。
彼女はブレットの姪(ブレットの兄弟姉妹の娘)にあたります。

7:50頃、WRBI代表のキャリーさんから「子犬、産まれ始めたよ!」とのメールが私に入りました。
それから約5時間かけて、Soledadは7頭の新たな命を誕生させてくれました。

実は、お正月頃に出産予定だった雌犬が上手く妊娠できず、Soledadは急遽代役を任されました。
そして、見事に妊娠。2週間前の超音波診断では、彼女のお腹に「最低4頭の子犬がいる」ということが分かっていました。

とは言え、彼女は初産。何が起こるかわかりません。
私は、わが子(娘3人)が産まれた時のようにどきどきが止まりませんでした。
FaceBookやメールで、何度も応援メッセージを送りました。

この写真はSoledadの飼い主である WRBIのProgram biologist、Nils Pedersenさんです。
産後のSoledadと子犬たちを見つめながら、優しく撫でています。

nils and solePuppies(s)
(提供)Wind River Bear Institute

初産で代役を任され、5時間苦しむ愛犬を見ながら、本当に大変な時間だったんだと思います。

大変穏やかな顔をされています。本当に安心したんだと思います。
この気持ち、(子をもつ親としても)何となく分かります。

3時間ほど前(向こうの真夜中)に「Good Night,Soledad and puppies & all of WRBI」というメッセージを送り、本日のやりとりを終了しました。

さあ、次世代ベアドッグ導入プロジェクトが動き始めました。

ブレットが急死し、はや1年が経とうとしています。
私は40歳になりました。体力キープのため、日々ランニングをしながら、すでに再始動しています。

また、前回のブレットの導入の時と大きく違うのは、今回は多くの皆様方からのご支援により再導入することです。
本当に多くの個人、そして、企業や団体の皆さまからご支援を頂きました。

この場をおかりして、改めて御礼申し上げます。

7頭の子犬たちは、ベアドッグになるために、これから2ヶ月の間に適正試験や新ハンドラー(オーナー)とのマッチング(相性のよいペアリング)という最初のハードルを越えなければなりません。

そして、その後のカレリアン・ベアドッグのしつけ、訓練も本当に大変です。
ブレットのときに様々な試行錯誤をしながら、経験して来ましたが、改めて気を引きしめて臨みます。

今後もこのブログにて、本プロジェクトの進捗をお知らせしてまいります。

これからも末永く、よろしくお願い致します。

ベアドッグ担当 田中
スポンサーサイト