モンタナでの国際会議に出席

3月20日~22日、モンタナ州ミズ-ラ(U.S.A)で開催された、“4th Human-Bear Conflict Workshop”に日本人で初めて、出席してきました。

また、これまで軽井沢町で行ってきた、ピッキオのクマ対策の成果について、プレゼンテーションとポスター展示で紹介してきました。

コピー ~ 4th Human-Bear Conflict Workshop (March20-22,2012) 270
軽井沢町で行っているピッキオのクマ対策について発表

Human-Bear Conflict Workshopとは、人間とクマとの軋轢が生じている町での、様々な事例や取り組みを紹介し、効果的な対策方法のシェア、対策を行っている人のコミュニケーションを図る場です。

世界には軽井沢町のように、住宅地とクマの住む森との間に、別荘地がバファーゾーンのように点在する、特殊な環境の町が存在します。そのような地域でクマ対策を行っている仲間と、情報交換をし、問題を共有することを目的としていました。

コピー (2) ~ 4th Human-Bear Conflict Workshop (March20-22,2012) 204
様々なクマ対策専門家と情報共有を図る

今回、Workshopに参加したことで、世界で行われているクマ対策の現状や問題点を知り、多くの仲間と出会うことができました。今後もWorkshopへの参加と発表をしていくことで、少しでも、世界の人とクマとの軋轢を減らし、より良い対策ができるようにがんばりたいです。


大嶋
スポンサーサイト