スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マロコ」その後

7月3日にGPS首輪を付けたメスグマ「マロコ」は、無事に麻酔から覚めて動き始めました。
GPSは5分から10分に1回起動するように設定したので、数時間前までの居場所や移動経路が手に取るようにわかります。

マロコの軌跡
   10分おきの居場所をつないだ軌跡

ところで、クマの糞に含まれているものをみると、特定のものが大部分を占めており、彼らは歩きながらつまみ食いをするのではなく、一ヶ所に腰を据えて食べていることが想像されます。

そこで、マロコが滞在していた場所に出向き、痕跡を探すことにしました。
GPSを使った痕跡調査については富山県や栃木県などの研究者から聞いたことがあり、軽井沢でも機会があれば挑戦してみたいと思っていました。

沢沿いを探索中
      沢沿いを探索中

・・・いやいや、聞くのとやるのでは大違い。なかなか難しいですね。
確かに足跡や寝跡を見つけることはあるのですが、食べた跡となると空振りに終わることが多いです。

7月11日、やっと見つけることができました。

極新クワ糞
  クワの実がたくさん入った、ごく新しい糞

一頭一頭のクマの生き様を知りたいと願う我々にとって、「クマの糞」ではなく、「マロコの糞」を拾うことを可能にするGPSの技術は夢のようです。
これからも引き続き、マロコがいた場所にお邪魔させてもらい、いろいろ学ばせてもらいたいと思います。

あまり臭くない
食べたものにもよりますが、クマの糞はあまり臭くありません(と思います)

●この調査は「トヨタ環境活動助成プログラム」によって実施しています。

  玉谷
スポンサーサイト

いろいろ教えてください

一瞬の出会いはあっても、自然な姿をゆっくり見せてくれることは少ないのがツキノワグマです。
クマに装着した首輪からの電波は、私たちとクマをつなぐホットラインとなり、直接観察ではなかなか知り得ないことを教えてくれました。

電波を受信
        電波を探る

そして、GPSの時代がやって来ました。
GPSは人工衛星からの電波を捕捉して、クマの居場所を自動的に記録します。
機器によってはその情報を再度、人工衛星などに送り、少し前のクマの居場所を手元で確認することも可能にします。
高性能な分、やはり、値段はそれなりに高いのですが、この度、「トヨタ環境活動助成プログラム」の一環で、1台を用意することができました。

7月3日、山の中に仕掛けたわなで、ついにクマが捕獲されました。
体重60kgのメスグマで、GPS首輪を付けても支障が少なそうな、立派な体格をしていました。

黄金の月の輪
      丸い金色の月の輪

以前に捕獲されたことがあり、年齢査定の結果、現在は19才とみられます。
クマで言えば、初老のおばあさんにあたるでしょう。
きっと軽井沢の山を知り尽くしていて、経験に裏打ちされた、
賢い暮らしぶりを見せてくれるのではないかと期待しています。

GPS装着
      GPS首輪を装着

クマには負担を強いてしまいますが、ここで得られたデータはしっかり分析して、生息環境の保全に活かしたいと思います。
首輪が脱落するまでのしばらくの間、よろしくお願いいたします。

お願いします

  ピッキオ 玉谷

「クワモード」全開

こんにちは、クマチームの大村です。

軽井沢町では、電波発信器を使ったテレメトリー調査によって、クマの居場所を毎日把握しています。

発信器を付けた若いメスグマが、一晩中滞在していた林を訪ねました。
何かを食べていたのではないかと思われます。

梅雨のひと時、キイチゴの一種であるモミジイチゴはクマの大切な食べ物になります。
旬の短いモミジイチゴの痕跡が見られるかな、と思い、その日はいつも以上にワクワクしていました。

クワのクマ棚

しかし、見つかったのはこれ↑
お馴染み、クワの木にできた「クマ棚」でした。

周辺では合計8本ものクワの木にクマ棚ができており、新しいものと古いものが混じっていました。
数日前には、発信器を付けていないクマも実を食べに来ていたようです。

クワのクマ棚(拡大)

見渡すと、モミジイチゴの実りは終わりかけていました。
季節は一足先に過ぎ、「一品食い」をするクマたちの食欲は「クワモード」に切り替わったようです。

  大村

冬眠穴調査の意義

こんにちは。
昨夏、ピッキオでツキノワグマの調査や被害対策に携わっていた大村と申します。
今年の夏も働かせていただくことになりました。よろしくお願いいたします。

4月上旬、クマの冬眠穴調査に参加してきました。
この調査の一番の目的は仔の有無を確認することです。クマは冬眠中に仔を出産するため、冬眠穴の出入口に自動撮影カメラを仕掛けるのです。
仔連れであることがわかれば、そのクマに対して注意を払うことや、好ましくない行動が仔グマに伝わらないようにするため、優先して追い払いを行うことなど、対策面に活かすことができます。また、カメラの映像からは冬眠中のクマの新たな一面を見ることができるかもしれません。

絞り込み

クマがいる場所を特定するため、電波を頼りに山中をひたすら歩き回ります。
調査当日は気温0℃と、この時期にしては寒い日でしたが、急崚な地形と雪というコンディションの中でアンテナを振りながらの山登りとなったため、汗だくになりました。

場所を絞り込んだ先には見事な岩穴(写真内中央)がありました。

2物件

しかし、さらによく調べたところ、実際に冬眠していたのは岩穴ではなく、隣にあったヒノキの根元(写真内赤丸)でした。
私から見れば、岩穴の物件の方が居心地良さそうに見えるのですが、どういう基準で選んでいるのでしょうか。
ほかのクマが先に入っていたとか・・・?

カメラのデータはクマが穴から出た後、5月下旬頃に回収します。
今年は何頭のクマが誕生したのでしょうか?
データの回収が楽しみです!

  大村

サーモグラフィの登場

こんにちは。
昨年、クマチームのスタッフとして勤務しておりました岡田と申します。
今日お伝えするのは、3月6日にボランティアとして参加した冬眠穴調査の様子です。

この時は、日本獣医生命科学大学の先生と大学院生も一緒で、冬眠穴で過ごすクマを穴の外からサーモグラフィで撮影し、体温が認識されるかどうか実験しました。

サーモグラフィ

山にはまだ雪が残っているので、スノーシューを履いて出発!
サーモグラフィやその他の道具が入った箱はとても重いのですが、さすが調査慣れしている大学院生さん、何も言わず箱を背負い、淡々と雪道を登っていきます。

雪原を進む

電波の受信音をもとにしばらく歩いたところで、スタッフの方が穴を特定!
テクニックや経験によって、短時間で穴を特定するスタッフの方の腕には感心させられます。
いつか私も・・・!!

ハニー

冬眠穴を特定したところで、サーモグラフィの出番です。
穴の外の平らな場所にサーモグラフィを固定し、スイッチオン。

他にセンサーカメラも設置しました。
クマが穴から出たら、回収して写真を見るのが楽しみです。

設置

翌日、サーモグラフィを回収したスタッフの方によると、残念ながら何も映っていなかったそうです。
冬眠穴は内部で屈曲していて、クマは陰の部分にいたのかもしれません。

また挑戦してほしいです。
個人的には次回の調査に同行するのが楽しみです。
お疲れ様でした!

  岡田
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。